てんてんの部屋 ば・どーせーやー
東海道新居宿 ふるさと再発見
湖西市新居町にある歌碑
町内にある歌碑を訪ねてきました。

写真 作者 場所
藤原定家 影たえて 下ゆく水も かすみけり
   浜名の橋の 春の夕暮
日ヶ崎
井上通女 旅衣 あら井の関を 越えかねて
   袖によるなみ 身をうらみつつ
港町
源 頼朝 かえる波 君にとのみぞ ことづてし
   浜名の橋の 夕暮れの空
愛宕山
鱸 有飛
(すずきありとび)
吹きわたる 遠つ入り江の あさかぜに
   波間行きかふ 海士小舟かな
大倉戸
賀茂真淵 ふみわけて 今もみてしか 遠つあうみ
   浜名のはしに ふれる初ゆき
柏原
前大納言為家 風わたる 浜名の橋の 夕しほに
   さされてのぼる あまの釣舟
高師山
阿仏尼 わがためや 浪もたかしの 浜ならん
   袖の湊の 浪はやすまで
与謝蕪村 雁聞や あら井の関の 侍衆 内山
炭太祇 木戸しまる 音や新居の 夕千鳥 泉町
種田山頭火 水のまんなかの 道がまっすぐ 栄町
鈴木重胤 湖に のぞむやしろの なつまつり
 ともすほかげも すずしくもあり
中町
清水みのる ゆるやかに弧を描いて
新居浜はゆったりと錨瀬を抱く
浜名湖の青い拡がりから
とり残された砂浜
引き汐が渚の白砂を洗えば
満ち汐はそれに磨きをかける
汐通しを釣り場に急ぐ小舟は
さわやかな朝の陽ざしを運び
今切口の夕映は
その美しい色彩りを見せてくれる
松林近く ことしも
月見草のこぼれ咲く季節
顔なじみが来る
この浜を愛する人が訪れる
行きずりの人も足をとめる
私は防波堤に立って
新居浜をふりかえる
塗りかえられてゆく地図の中で
もう一度ふりかえる
新居弁天


Copyright (C) 馬堂聖也 All Rights Reserved.